ウォーターサーバー情報館

ウォーターサーバーを購入したい方のための情報サイト

主婦におすすめ!重い作業のないウォーターサーバー!

   

重作業がなく、おいしく安全な水が欲しい

最近、水に関する健康意識・安全意識が高まっているように感じます。

コンビニでもいろいろな種類の水を売っていますし、水素水なんかもよく耳にしますよね。また、スーパーでは無料で水をもらえる店も多くあります。

それだけ、水に求める安全性が重要視されているという事で、いろいろな水が販売されています。

しかし、安全性が高くおいしい水は水道水と比べて値段が高くなりますよね。

水道水、ウォーターサーバー、浄水器、通販ミネラルウォーター、スーパーでの水、など選択肢はたくさんありますが、あなたはどのタイプを飲用水や料理用として利用していますか?

 

主婦にとってスーパーでの水の運搬は結構な重作業

イオンなどに行くとよくペットボトルに水を汲んで帰っている人を見かけますよね。

スーパーの水は一度容器を購入すれば、あとは水が無料でもらえます。(多少の制限があります。)

ただ、1回の買い物で水を6リットル持ち帰るとすると、買い物と合わせて10kg近い荷物になります。スーパーではカートがあるので車までの移動は何とかなりますが、自宅に着いてからが大変です。

1度で10kgの荷物を運べず2~3回に分けて運ぶことでしょう。時間にして10分ほどの荷物運びです。これが結構、重労働なんですよねー
手伝ってくれる旦那さんや子供がいればいいですが、ほぼ1人で運ぶことが多いことと思います。

スーパーの水はボトルさえ買ってしまえば水は無料なので経済的なんですが運搬作業がちょっと・・・

この運搬作業は1ヶ月に5~7回は行なわなければならず、苦痛を感じてしまいます。

運搬作業さえなければどんなに楽か・・・・・悩ましいですね。

衛生面の問題も気になる!

スーパーの水は逆浸透膜で濾過されたRO水、 電気分解したアルカリイオン水、 簡易的な浄水器を用いて水道水を真水にしたもので殺菌効果の高い塩素は除去されています。

塩素が除去されたことにより飲み水で3日以内、料理用で7日以内など注意書きされている事が多いです。(日数は店により異なることもあります。)

また購入したボトルは使いまわしする為、しっかり洗浄しないと水道水と比べて細菌が発生しやすくなります。

水は無料ですが、3日以内に飲み切る。ボトルは清潔にしておく。など、しっかりとした管理が必要になります。

つまり、スーパーの水は買い置きができず、ちょくちょく水をもらいにスーパーに行かなければならない。という事になります。
衛生面の影響により重作業が増えることになります。

 

重作業の解決策は何がある?

スーパーの水の重作業をなくす方法はいくつかあります。ありきたりな内容になりますが以下のような選択肢があります。

  1. ウォーターサーバーを導入する。
  2. 通販ミネラルウォーターを購入する。
  3. 浄水器を取り付ける

などなどあります。それぞれ一長一短ありますので、あなたにあった方法を検討し選択しないと重作業はなくならないかもしれません。

いろいろと便利なウォーターサーバー導入する

ウォーターサーバーは冷水と温水がいつでも飲める便利さがあり、水の安全性とおいしさは安心感があります。

水の種類も天然水やRO水などがあり選ぶことができます。

初期導入費用が若干かかりますが、便利さはとびぬけて高いのがウォーターサーバーです。

価格は安いが置き場所の確保が必要な通販でのミネラルウォーター購入する

たくさんの水の種類があり、自分にあった水を見つけるまでが大変ですが、通販で購入できるので重作業は軽減されます。

保管場所に困る場合が多く、購入本数や送料などよく検討しておかないとかえって割高になることもあります。

また種類が豊富で硬水と軟水のどちらが良いのか、飲みやすいのかなど検討しておくと失敗も減らせます。

 

効果のさまざまな浄水器の設置

浄水器は多くの種類があり効果もピンからキリまであるので、ベストな選択をすることが難しいです。
価格が高ければ高性能とは限らず、そんなに価格が高くなくてもフィルターの交換をこまめに行った方が良い場合もあります。

多少の知識が必要になります。

販売員におまかせでもいいですが、思ったような効果が得られない可能性が高くなります。

したがって、安全でおいしく、費用負担の少ない水が飲みたいあなたには、ある程度の浄水器の知識を勉強しておく必要があります。

 

ノンボトルのウォーターサーバー

最近ではボトルタイプではなく、ノンボトルで定額制のウォーターサーバーもあります。

ボトルの無い、新しいウォーターサーバーが登場しました。「CoolQoo」クールクー

このタイプであれば、重作業が全くないため当初の悩みであった重作業から完全に解放されます。またウォーターサーバーと同等の機能があるため、冷水と温水がいつでも飲めるため利便性も高くなります。

月に60リットル以上の水を使用する場合、定額制のウォーターサーバーの方が安くなります。

 

まとめ

スーパーで持ち帰れる水は、お得感が非常に高いですが実際に利用してみると置き場所の問題や、持ち帰る際の重作業などが思った以上に大変なことが実感できると思います。

上手に活用できればスーパーの水はメリットが大きいのですが「手軽に」というのは難しいでしょう。

浄水器や通販ペットボトルでもよいのですが今回の一番の目的は「重作業をどうにかしたい」という事で、もっとも重作業を減らせるのは浄水器かノンボトルのウォーターサーバーのどちらかですね。

浄水器は多少の知識が必要になるので、あまり自信がないとか調べるのが面倒くさい場合はノンボトルのウォーターサーバーを選択すると間違いないですね。

 - 紹介